モンスターペアレント

“モンスター−”とは、教師や学校などに対し、自己中心的で理不尽な要求をする保護者の
こと。米倉は保護者と学校間の問題を解決するため、教育委員会が派遣する弁護士、高村
樹季役。経済専門で、美人かつ頭脳明晰、ファッションセンスも抜群のセレブ弁護士、という
設定だ。

同作をきっかけに、“モンスター−”という言葉を知った米倉は、「すべてがフィクションのよう
で、本当に起こっていることとは信じがたかった」と驚いた。ドラマも〔1〕担任の関西弁が娘の
教育上好ましくないので、標準語で話せ〔2〕合奏の指揮者に選ばれた息子をビデオ撮影
するので、客席を向いて指揮をさせろ−といった“実話ベース”で進行するという。

米倉は「周りから(弁護士役が)大丈夫なの?といわれますが、さすが!といわれるように
演じきりたい」と宣言。教育委員会の職員として、米倉をサポートする側で平岡祐太(23)、
対立する側で佐々木蔵之介(40)が共演する


あと毎日新聞の事件
http://www9. atwiki.jp/maini chiwaiwai/

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。